ニキビは化粧水を変えるだけで押さえることができる

成分表をしっかり確認する

鏡を見る人

ニキビの原因はアクネ菌と呼ばれる菌です。なので、ニキビ改善の際にはアクネ菌を除去する効果のある化粧水を選ぶようにしましょう。同時にニキビ跡の改善をすることが出来る成分の含まれているかどうかも確認するようにしましょう。

ニキビの種類とケア方法

化粧水

ニキビ跡には、色素沈着型と凹凸クレーター型があります。色素沈着型はメラニンの沈着、凹凸クレーター型は肌の変形によって起きますが、どちらの場合もケア方法は同じで、化粧水を使います。ビタミンC誘導体という物質の入った化粧水は、肌のターンオーバーを促進してニキビ跡の治療に役立ちます。

肌をトラブルから防ぐ

婦人

ニキビができやすいトラブル肌の人は、原因となるストレスや栄養不足を改善させることが大切です。普段のスキンケアに使用する化粧水は、成分が多く入っていないシンプルなものを選ぶのがポイントです。シンプルな化粧水を使用することで、肌が本来持つ力を発揮して強い肌作りができます。

刺激を避けるようにしよう

手

うるおいが何より大切

最も初期の段階である白ニキビはちょっとしたことでも出来やすい反面、治りやすいのが特徴です。しかしこの段階で対応を間違えてしまうと、炎症や痛みを伴い治りづらい赤ニキビや黄ニキビへと移行してしまいます。白ニキビは毛穴に皮脂が詰まっただけの状態であり、この時点ではまだアクネ菌の大量繁殖には至ってない場合がほとんどです。ニキビ対策としてやりがちな殺菌力の高い洗顔料を使った洗顔や皮脂を取り除くことを重視したスキンケアは刺激の元となるだけになってしまいかねないので、避けるのが得策です。とはいえ汚れや化粧品が肌に残っているとさらに毛穴が詰まりやすくなるため、朝夕二回洗いすぎない程度の洗顔は続けるようにしてください。白ニキビには化粧水で肌をやわらかくしたり、うるおいを与えたりするのが最も効果的であると言われています。乾燥していると外敵から肌を守ろうと皮脂が余計に分泌されるだけでなく、毛穴自体も狭くなってしまいがちです。そうなると毛穴はどんどん詰まりやすくなり白ニキビが増えていく原因にもなりますので、浸透力の高いナノ化セラミド等の保湿成分を含む化粧水を使い、洗顔後速やかに乾燥対策を行うようにすると良いでしょう。オイリー肌や混合肌の場合でも、保湿重視のスキンケアで白ニキビは改善させられます。皮脂の分泌を防ごうとするあまり、化粧水のみしか使用しないなどスキンケアを最低限にしてしまうのは逆効果になりかねません。化粧水の後には美容液や乳液などできちんと蓋をするなど、補った水分をできるだけ長く表皮や角質層に留めておけるようにすることが大切です。